火口の作り方と震災後火口と燃料の確保方法

  • 2019.11.22 Friday
  • 16:33

にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:天変地異、災害

 

火口の作り方と震災後火口と燃料の確保方法

 

火口 ほくちと読みます

 

湿っていたティッシュペーパーなど乾かして置けば

 

とってもいい火口になります

 

 

 

大地震後燃料の確保は ある意味簡単です

 

自分の生ごみとゴミ収集日に出された生ごみを回収して

 

燃えるものを燃やせばいいだけのことです

 

ガスや電気は使えないので いち早く火をおこし煮炊きするモードへ

 

切り替えられるか否かが 生存率を高める上で大きな要因を占めるのではと

 

推察しています

 

広域超大地震が発生した場合 救助はほぼ0%です

 

しかも6か月後初めて食料の支援が届くということも

 

ありえます

 

その間自分で煮炊きして行かないと 餓死してしまいます

 

救助は数ヶ月来ないことを前提に 自分でできることを

 

していきましょう

 

その第1歩が 火による煮炊きです

 

そして 火を起こす際火口が重要なんです

 

この動画のように 火口のみでも湯を沸かせたり 

 

調理することもできます

 

是非頭の片隅に留め 有事の際すぐ火口を乾燥させるべく

 

日に当てる作業を思い起こし 実行してください

 

ちなみに 雨の日は撤収して室内に置いておいた方が

 

いいです

 

 

火口的制作方法和震灾后火口和燃料的确保方法

火口读作HOKUCHI

如果把湿纸巾等弄干放置的话

是个非常好的火山口

大地震后燃料的确保某种意义上很简单

回收自己的垃圾和垃圾收集日丢出的垃圾

只要把可燃的东西燃烧就行了

因为煤气和电不能使用迅速生火煮饭的模式

能否转换在提高生存率上占据大的主要原因。

我猜测着

发生广域超大地震时救助率几乎为0%

而且6个月后第一次收到食品的支援

可能,可能

这段时间不自己煮饭的话会饿死的

救助以数月不来为前提自己能做的事

我们走吧

第一步是煮熟

还有,起火的时候火口很重要

这个视频即使只有火山口也会烧开水

也可以烹调

务必留在脑袋一隅有事时应立即使火口干燥

请想起晒太阳的工作来执行。

顺带一提雨天撤走放在室内比较好

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

 

 

いつでも当ブログにアクセスしたいなというあなたへ キーボード左下はじの「Ctrl+D」で お気に入りに登録ね

 

お気に入り​​、ブックマークよろぴくー\(^-^)/ ​

3306さんをお気に入りに追加する

 ↑请跟踪  

スポンサーサイト

  • 2020.01.23 Thursday
  • 16:33
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    下流極貧貧民ダイエットブログ

    広告枠ね

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM